投資 くりっく365

投資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

投資(とうし)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。

くりっく365

特徴

* くりっく365は取り扱いの業者から、東京金融取引所があらかじめ指定したマーケットメイカーと呼ばれる取引参加者が提示するレートに対し、注文をする形となる(取引相手は、東京金融取引所が指定したマーケットメイカーである。東京金融取引所は取引の結果生じた債権債務の相手方となる。)。
* インターバンクと同等の価格、狭いスプレッド幅での取引が可能とも言われているが、東京証券取引所の現物株のように売り手と買い手を直接結びつけるオークション方式ではなく、マーケットメイカー方式であるため、価格の付き方は複数のマーケットメイカー(カバー先)を擁する大手店頭FX業者とほとんど変わらない。
* スワップポイントが売りと買いで同一。これは投資家にとって大きなメリットである。店頭取引では、同一通貨ペアの売りと買いを比較して、投資家が支払うスワップポイントの方が多いというケースがほとんどで、最悪の場合、売りも買いも投資家がスワップポイントを支払うというケースすら見られるからである。
* 一概には言えないが、スワップポイントが店頭取引と比べて少ない傾向がある。スワップ支払いの場合は利点となり、スワップ受取りの場合は欠点となる。
* 取扱業者が破綻しても、取引証拠金が東京金融取引所で保持される。ポジションについても清算されることなく、別業者に移管が可能である。また取扱業者の財務力も金融商品取引法の業者登録基準に加えて純資産30億円以上となっているため、そもそも破綻の可能性が通常の店頭取引業者よりも低い。
* 申告分離課税として一律20%の税率で課税される。株価指数先物取引]]や商品先物取引など、他の取引所の先物取引と損益通算も可能。
* 損失が発生した場合、翌年から3年間にわたり所得税の繰越控除の適用が可能。

投資 くりっく365リンク

映画賞